チームパシュート-渡り鳥の知恵-

2018年02月28日

  こんにちは。京都市山科区のじじゅう接骨院院長の次重です。

 今日は「チームパシュート-渡り鳥の知恵-」というお話です。

 チームパシュート(団体追い抜き)は、もともと自転車競技から始まったらしいですね。

 空気抵抗が多い先頭が、戦略的に交代していく、
これはまるで渡り鳥のようです。

 今回の当競技オリンピック女子は、もちろん日本代表ですから、それぞれの脚力は素晴らしいものです。

 それでも、日本チームの場合は、力に勝る高木美帆選手が、長い時間先頭を受け待ちます。
ここで大事なのが、それぞれの選手が全力を出し切ることです。

 日本女子チームは、ある時は引っ張り、また後ろから支え、助け合いながら、それぞれが全力を出し切ることができた。
だから優勝できたのでしょう。

 マススタートで、高木菜那選手が優勝できたのも、勿論実力があった上ですが、
スケーターとしては小柄で華奢な体を、空気抵抗を減らす意味で長所に変えることが出来たのも要因でしょう。
 また準決勝で転倒に巻き込まれた佐藤綾乃選手の分まで頑張ると言った強い気持ちもあったかもしれません。
Embed from Getty Images 

 これら、渡り鳥の知恵は、社会のあらゆる組織でも活かせるものだと思います。

  皆が助け合いながら,それぞれが全力を尽くすことができる組織が強いのだと思います.

  体も同様です。体の中には、日々の疲れなどで弱い部分がある。
それをかばいながら生きているものです。

 山科区 じじゅう接骨院の整体では、まず背骨をまっすぐにして循環をよくします。
そのことで、体の弱い部分にも十分に酸素と栄養が届き、老廃物を排出することによって細胞から元気にすることを目指します。

 弱い部分が元気になれば 強い部分にも負担がかかりませんから、全身が元気になるのです。

 

京都市山科区椥辻 じじゅう接骨院 整体 http://www.jiju.jp/seitai/

京都市山科区椥辻 じじゅう接骨院 背骨矯正×筋膜リリース×内臓調整 http://www.jiju.jp/kinmaku/