整体施術時に「あげる」ということ

2018年03月31日

こんにちは。

 京都市山科区のじじゅう接骨院院長の次重です。

 今日のテーマは「整体施術時に「あげる」ということ」です。

 ちょっと前の当じじゅう接骨院のブログで「整体施術時に「もらう」ということ」また「整体施術師にもらわないために」ということを書きました。

 毎日、何人か体の状態の悪い人と会いますから、気をつけないとこちらの状態が悪くなります。

 これがいわゆる「もらう」ということなんですが、これは逆に患者さんに「あげてしまう」こともあり得るわけです。(但し、「もらう」は一般に言われますが「あげる」とは言われません)

  もちろんこちらは患者さんと会っている時間は一日中で、患者さんが術者と会っているのは30分くらいだけかもしれません。

 であっても、こちらの体調を良くしておくことはすごく大事です。

 同時に「整体施術にもらわないために」に書いたようなことが大事です

 また同時に、患者さんがマイナスならばこちらは常にプラスでなければいけない。

 そういう心構えもすごく大事です。

 これは、単に体調の話ではなく、感情を落ち着けておくことも大事です。

 

 

京都市山科区椥辻 じじゅう接骨院 整体 http://www.jiju.jp/seitai/

京都市山科区椥辻 じじゅう接骨院 背骨矯正×筋膜リリース×内臓調整 http://www.jiju.jp/kinmaku/