楽に整体を行うことの重要性

2018年04月6日

  こんにちは。

  京都市山科区のじじゅう接骨院院長の次重です。

  今日は「楽に整体を行うことの重要性」というお話です。

  以前、当じじゅう接骨院ブログ「肩がこったら」

 「整体を行うことは決して重労働ではないこと。未熟なので頭は少し使うこと。この辺りはまた別の機会に書きましょう。」というようなことを書きました。

 要は重労働ではダメなんです。

 本当に楽に整体を行うことがすごく大切なんです。

 これまで体の使い方などについて書いてきました。

 整体を行なうときにも、肩の力を抜いて楽に行うことなどがすごく重要です。

 その理由が三つあります。

1. 患者さんに強い刺激を与えると必ず防御反応が起こるということ。

2. 1と少し似ているのですが、こちらが力が入れば体が患者さんの体も必ず力が入るということ。

3. 肩の力が入ると、患者さんの体の状態が、読めなくなるということです。

1.の防御反応の話なんですが、これはすごく大切なことで、今回の楽に整体を行うこと以外に様々な工夫が必要です。

 ですから、また別の機会に書きたいと思いますが、楽に整体を行うことでも防御反応は減らせます。

肩に力が入ってしまうと、手の当たり方が粗雑になりがちだからです。

「楽に整体を行うことの重要性」の後の理由はまた次回書きたいと思います。

 

 

京都市山科区椥辻 じじゅう接骨院 整体 http://www.jiju.jp/seitai/

京都市山科区椥辻 じじゅう接骨院 背骨矯正×筋膜リリース×内臓調整 http://www.jiju.jp/kinmaku/