ぎっくり腰注意報2

2018年04月10日

こんにちは。

京都市山科区のじじゅう接骨院院長の次重です。

今日は「ぎっくり腰注意報2」というお話です。

 京都は桜も散り、少し残念な入学式だったようです。

そして、このまま暖かくなるのかなと思っていたら、日によって寒暖差が激しいです。

また朝晩の寒暖差も同様ですね。

 実はもう、春のぎっくり腰のピークは過ぎたかもしれないと思っていたのですが、今年のこの温度差は ちょっと堪えます。

 以前、当じじゅう接骨院のブログ「ぎっくり腰、寝違え注意報」で寒暖差が、ぎっくり腰、寝違え、背中の激しい痛みなどを引き起こすと言いました。

 腎臓が、寒暖に合わせ、水分調節などを行い、疲れると位置が変わり、隣接する筋肉が強く収縮するからです。

 腎臓の疲れは、他にも眠気を誘います「春眠暁を覚えず」と昔の偉い人は言いましたが、

 この辺りに原因があるのかもしれません。

 いずれにしても、北国はこれから、ぎっくり腰などにご注意ください。

京都市山科区 じじゅう接骨院  ぎっくり腰 http://www.jiju.jp/gikkuri/